「行徳ひふ科クリニック」で脱毛をしました。

「行徳ひふ科クリニック」で脱毛をしました。

福岡市在住で会社事務員をやっている、女性32歳です。
2年前に博多区上呉服町にある「行徳ひふ科クリニック」で脱毛をしました。

 

エステ行けばどんどん勧誘されそうで怖いし、
ちゃんと医療行為を行っている皮膚科での脱毛なら安心して受けることができるという気持ちが私にあったので、敢えてクリニックを選択しました。

 

まずはカウンセリングで、医師に問診されると同時に脱毛方法などの説明を受けました。
問題なかったのでさっそくレーザー脱毛の施術に入りました。
私はワキ脱毛をしました。6回コースで50,000円です。

 

レーザーで目を傷めないようにとのことでマスクをされていたので、脱毛の模様を自分の目で観察できなかったのですが、ワキにレーザーを照射するたびにゴムではじかれたような痛みがあり、だんだんと焦げたような匂いがあたりにただよってきました。かといって、ワキを火傷することはありませんでした。施術後も、異常がないか毎回医師にチェックされました。

 

ムダ毛の周期に合わせて通って、合計6回の施術を終えましたが、
その時点でもまだムダ毛は生えてきました。自分の実感では、やっと量が半分くらい減ったかなという程度です。

 

医療機関では肌に負担をかけないように、なるべく衝撃の少ない脱毛方法を取るとの説明で、
その分、効果が出るのもゆっくりなようで、個人差もあると思いますが、6回だけではなかなか完全な永久脱毛にはならないようです。

 

引き続き追加料金を払って施術するかを尋ねられましたが、費用の都合でやりませんでした。

医療レーザー脱毛で産毛処理

医療レーザー脱毛は、現在1番脱毛効果が高いといわれている脱毛方法です。
医療レーザー脱毛は美容クリニックなどの医療機関でしか施術を受けることができないため、費用は割高になってしまいますが、施術中や施術後に何らかの肌トラブルが起きたときには、専門家によって的確な処置をしてもらえるというメリットがあります。

 

さて、脱毛効果を期待できる医療レーザー脱毛は、産毛にも効果があるのでしょうか?
実は、医療レーザー脱毛は色が薄い産毛に対しては効果が低いと言われていますが、レーザーを照射していくことで、徐々に減毛されていきます。

 

そのため、産毛を完全になくしてしまうには、相当の時間がかかることになるのがわかりますよね。
時間がかかるということは施術回数が増えることにもなりますので、もちろんその分費用がかかってしまうことにもなります。

 

ただし、医療レーザー脱毛にもいくつか種類があり、肌の色や毛質などに合ったものを選ぶと、産毛にも十分効果が期待できるんですよ。

 

産毛の脱毛に効果があるといわれているのは、ダイオードレーザーです。
他のレーザー脱毛に比べて痛みが少ないといわれているので長期的に通院するのには向いているかもしれませんね。

 

最近では、レーザー脱毛だけでなく、レーザーにいろんな機能がついた複合機もあるので、自分が通院しようと思うクリニックには、どんなものが設置してあるのか事前に確認しておいたほうがいいですよ。

 

とくに次世代光治療器として注目を浴びているフォトRFはおすすめです。
フォトRFとは、光エネルギーと高周波エネルギーを組み合わせた美容機器で、クリニックによっては、フォトRF脱毛の施術を受けることができます。

 

フォトRFでは、光エネルギーがメラニンに反応してシミやくすみを改善し、高周波エネルギーで真皮層を活性化することでコラーゲンの生成を促す美容器で、1回の施術でも施術前との違いを実感できるほど肌がきれいになります。
表皮を傷つけることなく、シミなどがない美肌になることができ、フォトRF脱毛になるとキレイになりながら脱毛することができます。

 

美肌になれるぶん、通常の医療レーザー脱毛に比べると費用はかかりますが、キレイになりながら産毛の処理もしたいという方にはおすすめですよ。

 

医療レーザー脱毛を利用する場合には、最初のカウンセリングでどのようなものなのかしっかりと説明を受け、自分の肌の色や肌質、毛質に、設置されているレーザー脱毛器が合うのかどうかよく相談する必要があります。

 

また、産毛の完全な脱毛には、通常の脱毛に比べて期間を要するので費用も多めに用意しておく必要があるでしょう。