家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器とは?

自分でムダ毛処理する方法のひとつに、家庭用脱毛器を使用するという方法があります。
カミソリや毛抜などで処理するのに比べて、家庭用脱毛器を購入する必要があるので、お金はかかりますが出費は購入するときだけですから、エステサロンに比べれば、はるかに低料金で脱毛をすることができます。

 

家庭用脱毛器はメーカーや機能などによって値段がまちまちで、5,000円程度のものから10万円以上するものもあります。
脱毛する方法もレーザー式、IPLフラッシュ式、HPL式、サーミコン式と、機種によってさまざまです。

 

レーザー式は最も古くからある方法で、他のタイプの家庭用脱毛器に比べて、出力が高いので効果も高いと言われています。
体のどの部分にも使用できるので、全身脱毛が可能になります。

 

また、何度も処理していくうちに、だんだんムダ毛が生えて来なくなるので、永久脱毛に近い状態を得ることができます。
ただし、レーザーの光は黒や茶色の比較的濃いめの色に反応するので、産毛のような細くて色の薄い毛を処理することはできません。

 

IPLフラッシュ脱毛は、一般的に光脱毛と言われているものと同じ脱毛方法です。
レーザーに比べ出力が弱いので、少し弱めの効果になりますが、肌への負担が少なく、痛みもかなり少なくなります。
1度の処理で、次にムダ毛が生えてくる時間が長くなるため、手入れの回数が少なくすむようになります。

 

永久脱毛とまではいきませんが、処理をするごとに新たに生えてくるムダ毛は細くなっていくメリットがあります。
このIPLフラッシュ脱毛がもっと新しくなったのがHPL脱毛です。

 

IPLフラッシュ脱毛と同じ、光を使った脱毛ですが、ホームスキノベーションという会社が開発した新技術です。
従来のフラッシュ脱毛と違うところは、光が照射されるときに出る音波の振動もエネルギー源として、より強力な脱毛効果を得るものです。

 

IPLフラッシュ脱毛よりも肌へのダメージが少ないと言われています。
サーミコン式は、脱毛器のなかでも価格が安めで2万円程度で購入することができます。

 

バーコードリーダーのような形をした機械で光を照射するタイプと違い、見た目は電気シェーバーのようなスティックタイプになっています。
サーミコンとは“熱線”という意味で、脱毛器の肌に当てる部分が熱線になっていて、その熱でムダ毛を焼き切る仕組みになっています。

 

肌に直接触れない設計になっているので、やけどをする心配はありませんが、毛を焼き切りながら処理していくため、焦げ臭い臭いを伴います。
肌に触れないのでジェルやシェービングクリームを塗る必要はなく、肌へのダメージもありません。

 

ただし、毛根には作用しないため、お手入れのサイクルは短くなります。