医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛について教えてください。

「医療用レーザー脱毛」

 

医師免許所持者のみ、この技術を使用することが許される発展途上の永久脱毛。

 

永久脱毛か否か。

 

医療用レーザー脱毛は、一般人には利用することができない免許の必要なものです。
普通のフラッシュ脱毛などとは威力が違い、照射の出力も高いものとなっているため、
効果が出るのも早ければ、永久脱毛と謳うこともできる(?)

 

ただし、永久脱毛は50年以上の歴史がなければ認められないため、
同等の効果があっても厳密には永久脱毛と言えないのかもしれません。

 

しかし、多くのクリニックや美容整形外科などで実績が出ているため、
医療レーザー脱毛を永久だと謳って商売をするお店は非常に多いです。

 

より高精度に、より高出力に。

 

フラッシュ脱毛や光などと比べると、
さらにレーザーによる照射なので出力と精度が高くなっています。
しかし、一方でコストと技術職員(看護師)が必要なため、一般エステよりも料金は高いと言えます。

 

レーザー脱毛が照射できる店舗が少ない

 

都内であれば、そこそこの数のクリニックが存在するので、
医療用レーザー脱毛を利用するのはそれほど苦労するものではないかもしれません。

 

しかし、近郊部でない場所であると、なかなか遠出をしないとクリニックに通うことはできません。
交通の便で不便ですし、高額な料金がかかるため、エステよりも嫌煙されがちです。

 

いくら効果があっても、それ以上のデメリットがあっては困りますね。
また、クリニック以外でも美容整形外科形成外科などでも脱毛をすることができるところはあります。

 

脱毛器でも効果がないなら

永久脱毛というとエステサロンや美容クリニックなどに長期間通って施術を受けなければならず、高額の費用がかかるイメージがありますよね。
最近では、家庭用脱毛器の性能もかなりよくなっており、それを使って自宅で肌を傷つけずに全身脱毛ができるようになってきました。

 

もしも、家庭用脱毛器を使って自宅で永久脱毛ができるなら費用の面でもかなりお得になります。
実際に永久脱毛に近い効果がある脱毛器もいくつかあるようですよ。
脱毛効果が永久に続くなら、処理の必要もなくなるし、とても楽でいいと思いませんか?

 

今、1番脱毛効果が高いといわれているのは、美容クリニックなどの医療機関で施術を受ける医療レーザー脱毛です。
専門の医療機関ということもあり、家庭用やサロンのレーザー脱毛器に比べて出力も高いため効果も高くなっています。

 

しかし、実は医療レーザー脱毛で全身脱毛をしたとしても、20%以下の確率で2年後に発毛する可能性があると言われています。
つまり、それよりも出力の弱い家庭用脱毛器で永久脱毛することは難しいということがわかりますよね。

 

再び発毛しないためには、毛穴ひとつひとつに電気針を刺して毛根を焼ききってしまう方法しかないらしく、さらにかなりの痛みが伴うと言われています。
身体中にある毛穴に電気針を刺すとなると、想像するだけでかなり痛そうですよね。

 

家庭用脱毛器では、全身脱毛による減毛や抑毛の効果があります。
そのため、効果の高い脱毛器を毛周期に合わせて使用するとムダ毛が細く薄くなっていくので、永久脱毛に近い効果が得られるわけです。

 

しかし、家庭用脱毛器は出力が弱く、産毛などの処理にはあまり効果を発揮しないこともありますし、肌がデリケートな部分には使用することができない場合もあるので、そのような場所の脱毛を希望するときは、サロンや美容クリニックを利用するといいかもしれません。

 

とくに背中など自分の目で直接確認できない部分は、家族や友人に処理してもらうくらいなら、専門家の手によって施術を受けたほうが仕上がりもきれいになるでしょうし、家庭用脱毛器よりは脱毛効果も高くなりますよね。
また、もし脱毛処理によって、肌に何かトラブルが起きた場合でも、対応してもらえるというメリットもあるので、安心して利用することができます。

 

予算や目的に合わせて家庭用脱毛器やサロン、クリニックを上手く利用して、全身脱毛で減毛や抑毛することで、ムダ毛処理をしていきましょう。